1. トップページ  
  2. › ブログ 
  3. › チョコのパフェタルト

ブログ

2022.03.24

チョコのパフェタルト

見た目が華やかでおいしそうなスイーツないかな、とネットを見ていたら、あったあった!!

タルトの上にたくさん飾りつけしてパフェ風に仕上げる『パフェタルト』

早速作ってみました!!

 

チョコのパフェタルト

材料(プリン型6個分)

〇無塩バター     50g

〇粉砂糖       25g

〇卵         1個

〇食塩        1つまみ

〇薄力粉       100g

〇アーモンドプードル 20g

 

カスタード

〇卵黄       1個分

〇グラニュー糖   25g

〇薄力粉      10g

〇牛乳       100g

〇バニラビーンズ  3~4㎝

〇無塩バター    10g

〇生クリーム    50g

 

チョコ生クリーム

〇スイートチョコ  30g

〇生クリーム    100g

 

飾り

〇いちご      5粒

〇ローストくるみ  10g

〇チョコレート   10g

 

作り方

①タルトを作ります。

 室温に戻した無塩バターをボールに入れ、グラニュー糖を2回に分けて加えながら白っぽくなるまですり混ぜます。

②①に溶き卵を少しずつ加えながら混ぜ、食塩を加えます。

③薄力粉とアーモンドパウダーを合わせてふるい、②に加えてゴムベラで混ぜます。

 ひとまとまりになったらラップで包んで1~2時間冷蔵庫で休ませます。

④③を6等分して薄くのばし、プリンカップに敷く。プリンカップのフチまでしっかりと生地を伸ばします。
 

(なるべく薄く伸ばしたほうが、食感がよいかも。特に底の方は厚みがあると食べずらいかも。。。

 でも薄すぎて割れない程度に!)

⑤④のプリンカップを冷蔵庫で30分位冷やし、冷蔵庫から出したらフォークなどで生地に穴をあけ(ピケする)、

 オーブンシートを敷き込んでタルトストーンを乗せて180℃に予熱したオーブンで25分焼きます。

⑥焼きあがったらオーブンシートとタルトストーンを外し(熱いのでやけどしないように気を付けて❕)型からタルトを

 外して網の上などに乗せて冷ましましょう。

 

⑦カスタードを作ります。

 卵黄とグラニュー糖をボールに入れてホイッパーですり混ぜます。

⑧クリーム色になったら薄力粉も混ぜます。

⑨鍋に切込を入れたバニラビーンズと牛乳を入れて沸騰直前まで加熱し、⑧に少量ずつ加えてその都度混ぜます。

 牛乳がすべて混ざったら、濾して鍋に戻し、中火から弱火で加熱します。

 (絶えずゴムベラで混ぜ続けましょう)

⑩とろみが出てフツフツと沸騰したら火から下ろし、バターを加え、溶けて全体が混ざったらボールに移し替えて

 上からピッタリとラップをして冷やします。

⑪生クリームをもったりするまで(6~7分立て)ホイップして冷めた⑩と混ぜ合わせてカスタードクリームをつくり、

 丸口金をセットした絞り袋に入れておきます。

 

⑫チョコ生クリームを作ります。

 ボールにチョコレートを入れて湯せんにかけ、チョコレートを溶かします。

⑬生クリームを少量⑫に加え、混ざったら残りの生クリームを少量ずつ加えて混ぜ合わせます。

⑭⑬を氷水にあてて冷やしながら電動ミキサーで混ぜ、角が立つくらいまでホイップします。

⑮⑭を星形の口金をセットした絞り袋に入れます。

 

⑯飾りを準備します。

 いちごは洗ってヘタを取り、縦1/4にカットします。

 チョコレートは溶かしてから人肌以下に冷まします。(手の甲に垂らしてみて暖かく感じないくらい)

 くるみは刻んでおきます。

 

⑰仕上げです。⑥のタルトに⑪のカスタードを絞ります。その上に⑮のチョコ生クリームを絞り、

 いちごを飾り、上からくるみを上から散らします。

 上から最後に溶かしたチョコを上からかけて仕上げます。

 

ちょっと工程が多いので大変そうに感じるかもしれませんが、1つ1つがそれほど難しくないので、
上から作ってみたら意外と簡単かも!

出来上がりはセンスなので、私のはちょっと…💦

でも味はチョコ好きにはたまらない💗かな?

タルトのフチにチョコをつけてダイスアーモンドをつけると、また見栄えも変わって良いと思います。(今回はそれをやってます)

 

カテゴリ: ,

武蔵野栄養専門学校2024 学校案内デジタルパンフレットはこちら 学生募集要項2024 募集要項デジタルパンフレットはこちら-->