1.  トップページ 
  2. › 学科紹介 
  3. › 4つの選択コース 

4つの選択コース

栄養士が活躍する職場に合わせ、4つの選択コースを用意しています。
希望する進路や関心に沿って、より専門的、実用的に学ぶことができます。

  • 病院・福祉栄養コース
  • チャイルドニュートリメントコース
  • クックトレーニングコース
  • スポーツ栄養コース
病院・福祉栄養コース

医療・福祉分野で健康をサポートする栄養士を目指す。

必修選択科目

病院・福祉栄養実習1・2

病院での食事療法や栄養管理、福祉施設における高齢者や身体機能に障害のある方への献立作成など、高度なニーズに対応できる栄養士を目指します。対象者の状況に配慮した調理技術を習得するほか、入院時食事療養制度や高齢者福祉についてなど、医療・福祉分野と栄養士の関わりも学びます。

STUDENT’S VOICE

選択コースは将来価値のある学びばかり。
より現場に近い知識が就職に役立ちました。

このコースの魅力は「知識を得られること」だと思います。私の場合は病院に就職するつもりでこのコースを選んだのですが、普段の栄養の授業とは違い、より医療の現場に近い業務内容や勤務制度を学ぶことができました。そのおかげで説明会でも業界の話をよく理解できるので、実際に働くイメージも湧き、就職を有利に進めることができました。どのコースも将来役に立つ学びを得られると思うので、進みたい道に合ったコース選びをおすすめします。

阿部 晃己さん
東京都立大崎高等学校 出身




チャイルドニュートリメントコース

成長過程にある子どもたちの「食育」を支援する。

必修選択科目

保育・学校給食管理実習1・2

保育施設や小学校の給食での「食育」の視点を持った栄養士を目指します。発育発達過程にある子どもたちの栄養管理の留意点や、調理時の衛生管理の重要性、そして食物アレルギーの対応を専門的に学びます。子どもたちに望ましい食習慣が身につくような、行事食や選択給食の実習も行います。

STUDENT’S VOICE

食べる人のことを想って食事をつくる。
栄養士として大切なことを学べました。

入学した頃はどこに就職しようか悩んでいたのですが、学校の給食が大好きだったことと、幼稚園の栄養士さんに憧れていたこともあり、保育や学校給食について学べるこのコースを選びました。離乳食の授業は特に印象深く、野菜を煮たりペースト状にしたり、初めてのことばかりで思った以上に大変でした。乳児から中学生まで年齢によって食の形態も変わるので、授業を通して食べる人のことを第一に考えて食事をつくることの大切さを学べると思います。

髙橋 美沙紀さん
埼玉県立滑川総合高等学校 出身




クックトレーニングコース

社員食堂などで活躍する応用力を身につける。

必修選択科目

クックトレーニング実習1・2

事業所給食や産業給食を想定して、衛生管理や食材管理、栄養管理といった現場の状況に対応できる知識と応用力を身につけます。実際に提供されている人気メニューを調理して実習するほか、テーブルコーディネートについても学びます。多種多様な献立作成の能力と、調理技術を向上させます。

STUDENT’S VOICE

さまざまな国の料理をみんなでつくることで、調理技術と応用力の向上を実感できました。

クックトレーニングコースは主に社員食堂を想定したメニューをつくります。和・洋・中とさまざまな国の料理をつくることができ、調理技術を磨けるのが魅力ですね。他国の素材や肉、魚などを使ったメニューと毎回テーマが決まっており、「どのように工夫するか」や「どの作業を分担するか」を班で話し合うという実践的な学びは、このコースならではだと思います。この貴重な経験を活かして、人の役に立てる栄養士を目指していきたいです。

寺島 萌香さん
埼玉県立川越初雁高等学校 出身




2021年度新設 スポーツ栄養コース

スポーツの現場から、競技者の栄養指導を行い、食環境のサポートをする

必修選択科目

スポーツ栄養実習1・2

近年、国民のスポーツへの関心は高まっており、スポーツ栄養は国民の健康維持増進に大きく関与しています。アスリートのみならずジュニアからシニアまでのあらゆる年代の運動能力の向上、けがの防止など、食事とスポーツ栄養の正しい知識を学びます。

TEACHER’S VOICE

スポーツ栄養はこれから可能性が広がっていく分野。臨機応変に活躍できる栄養士を育成していきます。

スポーツ栄養コースでは、企業と提携して運動をする上で必要な栄養素を学んでいけるカリキュラムを考えております。例えば「アスリートやスポーツをする一般の方へ向けた食事はどういう献立か」など、調理技術や知識だけでなく、臨機応変に対応できる力を養うことを目的としています。近年、栄養士が活躍する場面はさまざまです。スポーツ栄養は栄養以外にも運動やライフスタイルまで介入することもあるので、コミュニケーション能力やプレゼンテーション力を身につけられるように、基本的なPC操作やプレゼンテーションの発表なども行います。これからさらに可能性が広がっていく分野なので、周囲に目を向けて自身で考えて行動できるような栄養士を育てていきたいと思います。

赤星 文月
進路開発課

GUEST TEACHER/外部講師

スポーツの現場で仕事をするようになり、「学生時代にもっと勉強しておけばよかった」と思うことがたくさんありました。将来はスポーツに関わる栄養士になりたいという学生さんには、「学校の勉強をしっかりやっておくこと」をお勧めします。スポーツ栄養コースを担当させていただくことになり、直接それを伝えるチャンスだと思っております!赤星先生と一緒に、学生の皆様の「将来の役に立つ授業」を目指していければと思います。

エームサービス株式会社
管理栄養士 高橋 文子(ほか)


武蔵野栄養専門学校2022 学校案内デジタルパンフレットはこちら 学生募集要項2022 募集要項デジタルパンフレットはこちら