OPEN CAMPUS 2019 体験イベント参加特典 入学考査料(20,000円)を免除します!

友達同士の参加も大歓迎!栄養士をめざすなら、MUSASHINOでまず体験しよう!

OPEN CAMPUS! 1日体験 10:00〜14:00(受付9:30)

2019 11/9(土)

おひとり様メニューの日

いつもはグループで作業をしますが、今回は自分ひとりでシフォンケーキを作ります。
作ったシフォンケーキはお持ち帰りいただき、基本的な材料のセットをお土産でお渡しする予定です。

詳細を見る

2019 12/15(日)

MUSASHINO CHRISTMAS

調武蔵野で特別なクリスマスを!
クリスマスももうすぐ!ということで定番のブッシュドノエルを作ります。

詳細を見る

OPEN CAMPUS! 夜間体験 18:00〜22:00(受付17:30) 

2019 11/20(水)

手作りバターで簡単スイーツ

バター作りを体験していただき、できあがったバターを使ってお菓子を作ります。
軽食をご用意しておりますので、是非ご参加ください!

詳細を見る

2019 12/6(金)

MUSASHINO CHRISTMAS

気づけばもうすぐクリスマス…
夕方からの体験入学MUSASHINO CHIRISTMASでは、クリスマスでの定番おやつ、「シュトーレン」に見立てたパウンドケーキを実際に作る体験実習を行えます。

詳細を見る

2020年1月以降も随時開催します!

体験イベントのお申し込み
お電話でのお申し込みはこちら0120-510-331
WEBでのお申し込みはこちら(WEB予約)
資料請求

丁寧な指導で確かな力を育てる!栄養士をめざすならだんぜんMUSASHINO!

将来に向けて3つの選択コースを用意

栄養士をめざす2年間。
1年次は基盤となる知識や技能を幅広く学び、
2年次からは目標に合わせてより専門的に学べる3つの選択コースを用意しています。

病院・福祉栄養コース

医療・福祉分野で健康をサポートする栄養士をめざします。

チャイルドニュートリメントコース

保育施設や小学校の給食での「食育」の視点を持った栄養士をめざします。

クックトレーニングコース

社員食堂などで活躍する応用力を身につけます。

取得できる資格

本校では卒業時までに、栄養士免許にプラスして右記の資格を取得することができます。

●NR・サプリメントアドバイザー
●フードコーディネーター3級
●フードアナリスト4級
●介護職員初任者研修

さらに、毎年多くの卒業生が「管理栄養士」に合格しています!

本校を卒業すると「栄養士」の資格が取得できます。
さらに、栄養士として3年間の実務経験を積むことで「管理栄養士」の受験資格が得られます。
本校では、在学中だけでなく卒業後も、卒業生を対象にした「管理栄養士」受験準備講座を開講するなど、充実のサポート体制でバックアップしています。

体験イベントの申込はこちら

資料請求はこちら

武蔵野栄養専門学校の特徴

一人ひとりをしっかり
サポートする担任制!

担任制だから、一人ひとりの個性をしっかりと把握し、勉強面も生活面もきめ細やかにサポート。それぞれの能力を育み一人前の栄養士として送り出すこと、それが私たちの願いです。

実習・実験を多く取り入れ
体験を通して学ぶ!

MUSASHINOでは実習・実験を重視した授業を行っています。講義で学んだ理論を、実際に体験する機会を数多く設けることで、栄養士に必要な知識や技術を着実に身につけることができます。

充実した
大量調理実習!

MUSASHINOならではの規模と回数を誇るのが、大量調理の実習。在校生約400人分の給食を提供するこの実習は、栄養士の仕事を模擬体験し、大量調理のノウハウを一から身につける最高の機会です。

体験イベントの申込はこちら

資料請求はこちら

主な就職先

受託給食業務

(株)アスモフ-ドサ-ビス/(株)アルス/一冨士フ-ドサ-ビス(株)/イフスコヘルスケア(株)/栄養食(株)/(株)エム・ティ-・フ-ド/エ-ムサ-ビス(株)/協立給食(株)/(株)グランディック/(株)光洋/(株)光洋フ-ドサ-ビス/サンフラワ-・A(株)/(株)サンユ-/シダックス(株)/シダックスフ-ドサ-ビス(株)/ジャパンウェルネス(株)/真栄総業(株)/(株)CTMサプライ/(株)スエヒロ/西洋フ-ド・コンパスグル-プ(株)/(株)セガワハウザフ-ド/(株)センダン/(株)セントラルフ-ズ/東京ケ-タリング(株)/(株)東京天竜/(株)東洋食品/(株)東洋食品フ-ドサ-ビス/(株)ト-タル・メディカルサ-ビス/(株)ニックス/(株)ニッコクトラスト/日清医療食品(株)/(株)ニフス/(株)日本医療食研究所/日本給食(株)/日本給食サ-ビス(株)/葉隠勇進(株)/(株)藤江/富士産業(株)/フジ産業(株)/富士食品商事(株)/ベストフ-ドサ-ビス(株)/(株)ベネミ-ル/(株)馬渕商事/(株)ミ-ルケア/(株)メディカルプラント/(株)メフォス/メリックス(株)/淀川食品(株)/(株)ラムラ/(株)LEOC/(株)レクトン/(株)レパスト/(株)わたらせ/他

高齢者福祉施設・障害者福祉施設

(医法)IMSクル-プ/(社福)小鹿野福祉会/(社福)加須福祉会/(社福)埼玉福祉事業協会/(医法)娯生会「みどうの杜」 /(社福)湖星会/(社福)さきたま会「みずほの里」/(社福)しおさい苑/(社福)寿楽園/(社福)清輝苑/(社福)馬橋福祉会「なでしこ」/(社福)祐徳会/他

保育園・児童養護施設

愛の家保育園/あいみ-キッズ(株)/愛和幼稚園/青葉保育園/赤羽北のぞみ保育園/あけぼの保育園/足立若葉保育園/あやめ保育園/岩根保育園/浦安駅前保育園/エンゼル保育園/王子隣保館保育園/大禮保育園/大山保育園/興野保育園 /小台橋保育園/かおりPutra保育園/柏井保育園/かすみ保育園/鎌倉保育園/かみこまつ保育園/亀有りりおっこ保育園/行徳第二保育園/江東区南砂第二保育園/小梅保育園/小雀保育園/小手指保育園/子供の家愛育保育園/こどもの森グループ/(株)コピ-アンドアソシエイツ/こぶし保育園/さかえ保育園/さくらのその保育園/さくら保育園/さわらび保育園/下田保育園/石神井町さくら保育園/白梅保育園/しらさぎ保育園/しらとり保育園/新宿こだま保育園/仁保育園/すえひろ保育園/杉の木保育園/墨田あおやぎ保育園/聖マリア保育園/第一保育園/(社福)高砂福祉会/多摩小ばと保育園/チュ-リップ保育園/月映保育園/つのぶえ保育園/つぼみ保育園/徳育保育園/ドン・ボスコ保育園/なかよし保育園/新木戸保育園/練馬和光保育園/花川戸保育園/はるかぜ保育園/ひいらぎ保育園/東浦和みどり保育園/東田端保育園/東所沢たんぽぽこども園/光保育園/ひまわりDO・DO保育園/平泉保育園/フェロー保育園/まきば保育園/まごやま保育園/まどか保育園/マハヤナ第二保育園/まるやま保育園/マ-ガレット保育園/めぐみ保育園/めばえ保育園/もとの木保育園/やなぎ保育園/やまた保育園/大和南保育園/山びこ保育園/ゆりかご保育園/吉川つばさ保育園/梨花保育園/わかたけ第二保育園/和敬保育園/わたりだ保育園/他

病院

(医法)IMSグル-プ/(社医法)一陽会病院/(医法)梅原病院/(医法)嬉泉会「春日部嬉泉病院」/(医法)洪泳会「東京洪誠病院」/(公財法)結核予防会「複十字病院」/湖山医療福祉グル-プ/(医法)済安堂「井上眼科病院」/(学法)埼玉医科大学/(医法)至誠会「たんぽぽ歯科」/(医法)慈誠会グループ「上板橋病院他」/(社医法)順江会江東病院/(社福)淨風園「中野江古田病院」/(医法)苑田会「苑田第一病院・他」/日本赤十字社さいたま赤十字病院/(医法)博栄会「赤羽中央総合病院」/(医法)明芳会「板橋中央総合病院」/(一法)和同会「東京医科歯科大学病院内」/他

食品開発・ケータリング・
調理・その他

●食品開発・ケ-タリング・食品製造加工・販売など
ジャル ロイヤルケ-タリング(株)/新宿高野グループ/(株)ス-パ-バリュー/ドト-ルコ-ヒーグル-プ/(株)虎昭産業/(株)日本デリカフレッシュ/(株)美高商事「ヘルシーワン」/フジフーズ(株)/(株)デリカシェフ/ワタミクル-プ/他
●ドラッグストア
(株)スギ薬局/(株)マツモトキヨシホ-ルディングス/ミネ医薬品(株)/他
●その他
(株)京橋千疋屋/(株)クリエイト・レストランツ・ホ-ルディングス/(株)そごう・西武/東京レストランツファクトリ-(株)/(株)ナチュラルライフ/(株)ナリコマエンタープライズ/(株)ハロージャパン/フロンティアキッズ/他

体験イベントの申込はこちら

資料請求はこちら

現場で活躍する卒業生

株式会社レクトン 勤務 

園部 ほのかさん

2018年卒業/埼玉県立所沢西高等学校出身

1300食の給食をつくる、
やりがいのある毎日。
職場にも恵まれ、
自分の成長を実感しています。

学校給食をつくりたいと思うようになったのは、武蔵野栄養専門学校に入学してからです。大量調理実習で経験した、みんなで協力してたくさんの食事をつくるという作業がすごく楽しくてやりがいもあり、2年生になる頃には学校給食と決めていました。現在は都内の小学校の給食室で調理を担当しています。2 校分で計1300食と食数が多いので、7時に出勤し、10時半までと11時半まで、2段階に分けてつくりあげます。最初のうちは時間に追われることが多く、焦って失敗してしまうこともありました。でも上司が丁寧に指導してくれますし、大量調理実習のおかげで基本が身についていたので慣れるのも早かったですね。最近はつくれる料理も増えてきて、自分の成長を日々感じています。ここでは直接子どもたちと接する機会は少ないのですが、トウモロコシやさやえんどうの皮むき体験など、子どもたちとふれ合えるイベントもあります。「一緒に給食つくりたい!」と言ってくれる子もいて、学校給食にして良かったと嬉しく思いますね。もう少し仕事に慣れてきたら、調理師免許を取りたいです。食数によってつくれる料理に制限もあるのですが、パンを生地から手づくりしたり、かき揚げなどの手が込んだ料理にも挑戦したいです。料理の技術をもっと磨き、子どもたちが喜ぶ給食を届けたいですね。

社会福祉法人 もろほし会 江東区毛利保育園 勤務  

高橋 茉那さん

2015年卒業/東京都立紅葉川高等学校出身

毎日の給食や食育を通して
子どもたちを笑顔に。
成長の瞬間をすぐそばで
見られることが魅力です。

元々お菓子づくりが好きでパティシエになることが夢でしたが、子どもとふれ合うことも好きだったため、保育関係の仕事にも興味を持っていました。どちらの想いも叶えられる職業はないかと考え、子どものために食事やおやつをつくることができる保育園の栄養士をめざそうと決めました。武蔵野栄養専門学校に入学するまでは、子どもの食事の量やアレルギーに関しての知識などわからないことばかりでしたが、保育や学校給食についての選択コースでしっかりと専門知識を学べたので、現場で働くイメージがしやすかったです。現在は離乳食、給食、おやつ、夕食の調理業務や発注、献立作成、食育などを担当しています。食事をつくる際には、子どもの顔を思い浮かべてつくることを大切にしています。その甲斐あってかお手紙を書いて渡してくれる子もいて嬉しいですね。また、特に力を入れているのが食育で、食べ方やマナーなどを含め、幅広く教えています。食育は子どもの反応を見ることができるので、やりがいを感じます。例えば、さんまの骨を取って食べる食育を実施した際には、それがきっかけで魚が苦手だった子が食べられるようになったりするんですよ。そうやって食を通じて子どもの成長を見られることが食育の魅力ですね。今後は管理栄養士の資格を取って幅広い分野で活躍したいです。

ミネ医薬品株式会社 勤務  

秋山 知佳さん

2018年卒業/埼玉県川越市立川越高等学校出身

栄養士の知識を活かし、
お客様の健康をサポート。
一人ひとりのお客様との
会話を大切にしています。

元々調理をする現場で働きたいと思い入学したのですが、調理実習を受けて自分は皮膚が弱いということに初めて気づきました。もう調理に関わる仕事はできないと思い、就職について悩みましたね。そんな時、学校で行われた企業説明会で薬局でも栄養士が必要とされていることを知り、すぐに応募を決めました。調理はできなくても、接客を通して人の健康管理の役に立てるところに魅力を感じたんです。現在は、薬局でお客様のサポートに励む毎日です。最近では、病気予防や健康づくりの意識が高いお客様が増えているので、栄養補助食品やサプリメントのアドバイスができる栄養士の知識が必要とされています。武蔵野栄養専門学校は、実習だけではなく座学も充実していて、栄養指導や健康管理について深く学べたことが今の仕事に活かされています。たくさんの商品の中から、お客様にぴったりのものを選ぶのは難しいのですが、私の説明を聞いて納得して商品をご購入いただけるときは嬉しいですね。お客様のダイレクトな反応がやりがいにつながっています。今後は、一般用医薬品を販売できる、登録販売員の資格を取りたいです。「薬も扱える栄養士」になり、今より多面的にお客様の健康をサポートできるようになることが目標です。仕事の幅をどんどん増やして頼りがいのある栄養士になりたいですね。

医療法人 梅原病院 勤務

関根 千紘さん

2016年卒業/埼玉県立鷲宮高等学校出身

患者さんたちを食事で
元気にしたい。
直接話せるからこそ、
聞ける声があるんです。

お年寄りのためになる仕事がしたいと、いろいろな職業を検討していくうちに、食事面からお年寄りの健康を支えることができる病院の栄養士を志望するようになりました。武蔵野栄養専門学校を選んだのは、実習が豊富なうえ、2年次からの選択コースで医療分野を専門的に学べるからです。学校では、座学で学んだ知識を実習を通して再確認できるので、実践的な理解が深まりました。私の場合は、ミキサー食のつくり方など、医療現場のニーズに対応した勉強をできたのが今とても役立っています。現在は、直営の病院で患者さんと職員に出す食事の調理を担当しています。食数は100食と、学校で経験した大量調理実習の400食に比べると少ないのですが、患者さんによって食事の種類を変える必要があるので慣れるまでは大変でしたね。この病院では、栄養士が患者さんに直接配膳に行くので、患者さんの声を直に聞くことができるんです。「おいしかったよ」「きれいな盛り付けだね」などと褒めてもらえると嬉しいですし、逆に不満の声をいただいたときは、次はこうしよう、と改善につなげることができます。調理の現場に慣れた今、新たな目標が生まれました。管理栄養士の資格を取ることです。資格を取ったら、献立作成や栄養指導を通して今よりもっと患者さんと深く関われるようになりたいですね。

その他の卒業生情報はこちら

就職サポート

本校では、就職担当とクラス担任が、学生一人ひとりと向き合いながら、
きめ細かな就職指導を行っています。その結果、毎年高い就職率を達成しています。

Wサポートで
徹底的に
個別指導

就職担当とクラス担任が連携し、一人ひとりの就職相談をダブルでサポート。個々の性格にきめ細やかに対応しながら、本人の希望に沿った就職への道を、親身になって一緒に実現します。

実習重視の
カリキュラムで
実践力を磨く

校外実習など実践力を養う授業を多く設けています。病院や事業所給食、高齢者福祉施設などの現場で実際の仕事を経験することで、実務的な知識や技術を習得し、実践力を伸ばします。

創立以来48年、
卒業生が
築いた実績

創立以来、栄養士としての高い就職実績を誇っています。多くの卒業生が各現場で即戦力として活躍。就職先での定着率も高く、企業からの高い評価が実績へとつながっています。

体験イベントの申込はこちら

資料請求はこちら

先生×生徒 対談 大木 佑美子担任教員 木村 葵さん埼玉県立入間向陽高等学校出身 櫻井 沙耶さん千葉県立四街道高等学校出身

先生と学生との綿密なコミュニケーションが、
絆を生むきっかけになる。

2年間の学校生活を振り返って。

大木:授業での質問や進路相談だったり、とにかく話すことが多いと思います。出席を取る際にも、学生たちと毎日顔を合わせるのでお互いに話す機会がたくさんあります。
木村:2年制だから就職活動まであっという間。だから最近は進路について遅くまで相談しています。資格取得についてや、その資格が将来どう活かせるかなど、細かいことまで聞きます。
櫻井:相談だけじゃなくて、普段の話もしますよね!武蔵野栄養専門学校はクラス制だから、担任の先生や同じクラスの人とはすぐに仲良くなれます。頻繁にコミュニケーションが取れるので、なんでも気軽に話せますよ。
大木:入学時はこれからの学校生活に不安や心配を持つのは当たり前。教員自ら歩み寄って学生たちとコミュニケーションを取るようにしています。クラスの学生たちとは特に顔を合わせることが多く、話しやすいですね。
櫻井:私たちのクラスは少しうるさいくらい元気だと思います(笑)。大木先生の「メニュープランニング演習」では自分で献立を立てる授業だから、先生に質問や相談をたくさんします。
木村:みんな質問するから90分ある授業もすぐ終わっちゃう感覚です。課題も多くて大変だったんですけど、放課後も先生が残って質問に答えてくれたので助かりました。
大木:授業では質問するために、みんなずっと手を挙げてますね(笑)。学生たちがわからないことをすぐに質問してくれるから、私たち教員も教えるべきところを理解できる。学校全体で綿密なコミュニケーションを大切にしているので、学びやすい環境ですね。

栄養士をめざしたきっかけは。

木村:私は中学3年生の時に将来について悩んでいたら、母から「栄養士はどう?」と言われたことがきっかけです。それから栄養士についていろいろと調べるうちに次第に憧れるようになって、高校に入学する頃には将来は栄養士になろうと、自分の中で決めていました。

櫻井:私は小学生からです。6年生の時に料理番組を見ていて「将来自分で献立を立ててみたいなぁ」と思ったのがきっかけです。献立を立てられるようになって、両親が年をとった時でも自分がつくってあげたいと思うようになりましたね。栄養士の知識や技術は普段の生活で活かせることも魅力のひとつだと思います。
大木:どちらもとても素敵な理由ですね。二人が栄養士をめざしていく中で、本校に入学をしようと思った理由はありますか?
木村:私はオープンキャンパスに参加したのがきっかけです。体験授業を受けている合間に、先生と在学生が仲良く話しているところを見ました。先生と学生がフレンドリーで気軽にやりとりできる学校はきっと良い学校なんだろうなと感じて、入学しようと思いました。
櫻井:私は専門学校について調べていくうちに武蔵野栄養専門学校を知りました。他の学校に比べて自宅から近いことと、実習の数が多くて大量調理もある。自分に合っていると感じたので入学しようと思いました。

武蔵野栄養専門学校の魅力は。

大木:やっぱり教員と学生の距離が近いところですね。教職員全員が学生一人ひとりのことを考え指導する。学生たちは、それに応えるように積極的に学んでくれていると思います。本校はとても面倒見が良く、先生や学生たちみんなが温かい学校です。
木村:私も先生と同じです。入学前の印象から変わらず、わからないところ、聞きたいところを気兼ねなく聞ける。そんな先生と学生の関係が武蔵野栄養専門学校の魅力だと思います。
櫻井:私は座学と実技の両方が学べるところだと思います。調理実習や大量調理がたくさんあって、知識だけじゃなく技術も養える。将来のことを考える上で、現場の雰囲気に近い環境で学べることも魅力だと思います。
大木:栄養士という目標や資格取得に向かって勉強しながら楽しく過ごす2年間は、とても貴重な経験です。栄養士をめざす方はぜひ本校に来てほしいですね。

交通アクセス
資料請求
学校見学