武蔵野栄養専門学校

交通アクセス お問い合わせ TWITTER FACEBOOK 資料請求 体験入学

栄養士を育成する専門学校|武蔵野栄養専門学校

  1.  トップページ 
  2. › 学科紹介 
  3. › 科目ガイド 

科目ガイド

講義・演習、実習、実験をバランスよく組み合わせたMUSASHINOの科目一覧。基礎から丁寧に指導し、実践しながら技術を身につける機会を豊富に設けています。教養と人間性の豊かな栄養士になるための人格教育にも力を入れています。

基礎分野
社会科学
基礎学力演習

専門科目への理解を深めるために「国語」、「算数」、「化学」を学び、基礎学力を習得します。。

接遇・ビジネスマナー演習

就職活動に必要な社会人としてのマナー、技能修得を繰り返し行い、コミュニケーション力の向上、自己表現力の向上をめざします。

食料経済

現代社会の特質を踏まえながら、自給率の低下、農業生産力の低下、食の安全性と諸外国との関わり、食品の流通、環境問題などを関連付けながら学習を進めていきます。

  
外国語
英語

外国人講師による直接教授で英語の基本的文法を理解するとともに、自然な発音、イントネーション、リズムで英語を話す能力を身につけます。

自然科学
化学

生化学の基礎となる有機化合物の化学構造や性質について学びます。

生物学

栄養学・生化学を学ぶうえで基礎となる生物体の構造と機能を中心に学習し、関係科目を理解しやすいように学びます。

保健体育
健康運動論(実技を含む)

健康の維持・増進に運動が与える影響を、正しく理解します。この科目は実技を含み、栄養士として日常的な運動がどうあるべきか、体を動かしながら健康について学ぶ2泊3日の実技研修も行います。

ライフスポーツ演習

「運動と体力」、「疾病と運動の関係」などを理解し、生涯にわたって心身ともに健康で豊かな生活を営むための「健康・スポーツ」について知識と技術を身につけます。

人文科学

表 心理学

基礎的な心理学的知識を学び、人間関係の基礎となる自己および他者への理解を深め、人間関係の問題に向き合える能力も高めていきます。

自由選択
情報処理演習

栄養士の実務に必要なコンピューターの取扱いに関する基本的事項から、給食管理ソフトなど幅広く学びます。

専門分野
社会生活と健康
公衆衛生学1・2

地球環境問題、健康増進、QOL、介護、環境ホルモンなど、時代の推移とともに変化する内容を、健康増進に役立てるために学びます。

人体の構造と機能
生化学1・2

人体の構造を理解し、消化・吸収について学びます。3大栄養素である糖質・脂質・たんぱく質の構造と機能の概説、そして生体のエネルギーを理解し、代謝についても学習します。

解剖生理学

生体を構成する細胞、組織、器官を基礎とし、系統別に生体の機能について学びます。

運動生理学

身体器官や組織の構造と機能についての基本的知識や、運動による身体のエネルギー代謝の変化、トレーニング効果や運動処方について理解を深めます。

解剖生理学実験

循環器系、血液、消化器系およびその付属器官など生体の機能について、実験を通して系統的に学びます。

病理学

病理学の概要を知り、予防や食事療法につなげられるような知識を身につけます。

食品と衛生
表 食品衛生学

食品と微生物、食中毒、自然毒、食品の変質、食品中の有害物質、食品添加物、法規など食の安全性に関わる基礎的知識や対策について学習します。

食品学総論

私達の身近にある食品について、含まれている栄養素のほか、おいしさや健康維持促進に関わる機能性成分の化学的および物理的な性質を学習します。

食品加工学

食品加工の基である食品素材の特徴を学び、加工の原理と方法を習得します。あわせて、保存・貯蔵についても学習します。

食品学各論

私達が食しているさまざまな食品の構造や機能、栄養特性について理解します。

表 食品学実験

食品中に含まれる炭水化物、脂質およびたんぱく質などの栄養成分について、分析の基礎となる原理と手法を学びます。

食品加工学実習

日常利用している加工食品について、実習を通して製造工程などを具体的に学びます。また、加工食品の添加物に対する理解を深めます。

食品衛生学実験

食品衛生学で学んだことをもとに、実験を通して食品の鮮度や品質の評価、安全性の評価を試みます。また、飲食に起因する健康被害を防止するための専門知識を習得します。

栄養と健康
表基礎栄養学1・2

栄養の意義、歴史、体内での栄養素の変化のメカニズム、栄養素の欠乏症や栄養と免疫、遺伝子などについて学びます。

応用栄養学

妊娠期から高齢期まで、各ライフステージごとの身体状況や栄養状態に応じた栄養管理の考え方を理解します。

応用栄養学実習

応用栄養学で学んだ知識をもとに、それぞれの時期に適したエネルギー、各栄養素のとり方などを学び、テーマに基づいた献立作成、調理を行います。

臨床栄養学1・2

臨床栄養学2の基礎となるもので、種々の疾病について知ることから始まり、食事・経管栄養・経静脈栄養など臨床の場に関連するものについて学びます。

臨床栄養学実習

臨床栄養学をしっかり身につけ、生活習慣病を中心に学び、コントロール食別に実習します。症例、検討、指導、献立につながるよう学びます。

栄養の指導
表 栄養教育論1・2

栄養士として、栄養指導を効果的に行うための基礎知識や技術、方法を習得します。健康状態・栄養状態を把握し、栄養改善に導くための栄養教育・指導の実際を学びます。

公衆栄養学

国民の健康保持増進を図り、生活水準と福祉の向上に必要な基礎知識を学び、公衆栄養活動の手法と技術を学びます。


栄養教育指導論実習

栄養教育論で学んだ栄養教育・指導に関する知識と、給食管理実習で学んだ保育所給食・学校給食・高齢者施設での栄養管理を元に、対象者に合った食事と栄養教育の方法や内容を学びます。

給食の運営
調理学

調理の意義や食品の特性について理解します。食品に対する正しい知識や調理操作に関する基礎知識を学びます。

調理実習1・2

栄養士として必要な調理操作や技術、食材の取り扱い、下処理の方法を習得します。さらに西洋・中国・日本・製菓の4つのジャンルの実習を行い、調理技術の向上、調理の幅を広げていきます。

調理理論実習

調理過程における食品成分の変化や、食品の性質を物理的、科学的に学習し、実際の調理に応用できる能力を身につけます。

給食経営管理

特定給食施設での栄養管理から調理、衛生、施設管理など、栄養士になる上での基本的事項を学びます。

メニュープランニング演習1・2

栄養士として必要不可欠な献立作成の基礎知識について演習を中心に身につけます。また、調理操作に関するデータを収集し、そのデータを献立作成に活かすための方法も学びます。

表 大量調理実習

400~500食の給食づくりを通し、大量調理する場合の調理方法の違いや技術など、大量調理機器や器具を使用しながら身につけます。

給食管理実習

保育園・学校・事業所・高齢者施設などの給食施設における特徴や、献立作成のポイントについて、実際に献立を立て、それを調理することを通して理解を深める実習です。

校内実習

給食経営管理・大量調理実習で学んだ理論および実務を体験学習します。献立作成、大量調理、安全・衛生管理、チームワークなど一連の給食業務を総合的に習得し、実践力を養います。

校外実習

企業等と連携し、現場で栄養士の実務を学びます。事業所、病院、高齢者施設、保育所などの施設で栄養士業務全般を実体験し、給食業務を行うために必要な知識や技術を学びます。

その他の専門分野
自由選択科目
ホームメイドスイーツ

お菓子作りの基礎を学んでいきます。安心して食べられるお菓子は、家庭においても社会においても心を伝えるよい手段になります。市販品にはない、手作りのおいしさが伝えられるお菓子作りの知識と技術を、実習を交え探究していきます。

病院・福祉栄養実習1・2

疾患別の食事療法、また、高齢者を対象とした食事の特徴を理解し、栄養管理やその基本的な調理方法を身につけます。

必須科目
栄養士実力認定試験1・2

栄養士実力認定試験のための対策や要点をまとめ、栄養士として身につけておくべき知識を、授業と同時進行で復習します。確認テストなどで繰り返し学習することで、問題の出題形式や傾向に慣れていきながら、知識の習得をめざします。

保育・学校給食管理実習1・2

幼児・児童・生徒を対象とした栄養、食事管理について学びます。成長期の献立を理解し、さまざまなジャンルの料理や調理方法を身につけ、健康教育の一環である食育ができる能力を習得します。

クックトレーニング実習1・2

実際の企業に所属している講師を招いた実践的な内容を授業に加え、「食」に対してあらゆる角度から自由自在に対応できる能力を養います。料理のレパートリーを増やすこと、調理操作の手順や手際、盛り付けの仕方など、調理技術をトータル的に学びます。

食品衛生学実験

食用着色料(タール色素)の定性

食品添加物の代表である食用着色料について、市販のシロップを用い、表示通りに使用されているかを確認する実験です。

①食用着色料の色素を抽出し、白い毛糸に移します。

②色素が毛糸に移り、緑に染まります。

③毛糸を水洗いし、アンモニア水を投入します。

④ガラス棒で混ぜながらガスバーナーであぶります。

⑤毛糸に移った色素が、アンモニア水に移ります。

⑥ペーパークロマトグラフィーで結果を判定します。

食品加工学実習

豆腐をつくろう!

①洗った大豆を一晩水に漬けます。浸漬した大豆に水を加え、ミキサーで摩砕します。摩砕してできたものを「呉(ご)」と呼びます。

②加熱した呉を絞り、おからと豆乳に分離させます。

③75~80度になるまで豆乳をゆっくり温めます。

④温めた豆乳にニガリを加えます。

⑤固まってきた豆乳を豆腐箱に流し込みます。

⑥豆腐づくりには温度管理が重要なため、実習中は温度計片手に作業します。でき上がった豆腐から、さらにがんもどきをつくる実習も。普段口にしている市販品とどちらがおいしいか比べてみるとおもしろいですよ!

栄養士実力認定試験対策講座1・2

栄養士実力認定試験とは

栄養士・管理栄養士の養成施設に通っている学生や卒業生が、自分の実力を知るために受ける一般社団法人全国栄養士養成施設協会主催の認定試験です。栄養士・管理栄養士全体の資質の向上と、養成施設の教育への認識を強化する目的もあります。

得点数に応じて、認定証A~Cが交付されます。
認定A 栄養士として必要な知識・技能に優れていると認められた者
認定B 栄養士として必要な知識・技能のあと一歩の向上を期待する者
認定C 栄養士としての知識・技能が不十分で、さらに研さんを必要とする者

受験のメリット

● 認定Aの学生には「食育栄養インストラクター資格認定」が与えられます。
● 科目ごとの得点と全国平均点が表示されるので、自身の強みと弱みがわかり、 スキルアップに役立てることができます。

A認定の取得を目標に、力を入れて指導しています。

一番上へ