病院・福祉栄養コース

2年次から、3つの選択コースを用意。
栄養士としての個々の強みを作ります。

栄養士の主な職場となるのは、小学校や事業所(社員食堂など)、高齢者のための福祉施設、幼稚園・保育所、病院などです。 2年次からは、各自の希望する卒業後の進路に合わせて、コースを自由に選択し、より専門的な実践力を磨いていきます。 各職場での栄養士としてのあり方など、総合的な視点から充実した学びを展開しています。

  • 病院・福祉栄養コース
  • チャイルドニュートリメントコース
  • クックトレーニングコース

医療・福祉分野で健康をサポートする栄養士を目指す

病院での食事療法やNST(栄養サポートチーム)での活動※、施設利用者の多様な要望を満たす介護食など、医療・福祉分野の高度なニーズに対応できる栄養士を育てます。      

病院・福祉栄養実習1・2

病院栄養士に必要な各疾患における栄養管理や献立作成に加え、高齢者や身体機能に障害のある方を対象とした献立作成など、 福祉施設で求められる力を身に付けます。また病気や高齢が原因でかむ力、飲み込む力が弱いなど対象者の状況に十分配慮し、 調理技術によるさまざまな対応も習得。入院時食事療養制度の詳細、高齢者福祉の問題など、医療・福祉分野と栄養士との関わりも幅広く学びます。

研修制度研修制度
資料請求 体験入学
一番上へ