1.  トップページ 
  2. › 学科のご紹介 
  3. › 病院・福祉栄養コース 

病院・福祉栄養コース

2年次から、3つの選択コースを用意。
栄養士としての個々の強みを作ります。

栄養士の主な職場となるのは、小学校や事業所(社員食堂など)、高齢者のための福祉施設、幼稚園・保育所、病院などです。 2年次からは、各自の希望する卒業後の進路に合わせて、コースを自由に選択し、より専門的な実践力を磨いていきます。 各職場での栄養士としてのあり方など、総合的な視点から充実した学びを展開しています。

  • 病院・福祉栄養コース
  • チャイルドニュートリメントコース
  • クックトレーニングコース

医療・福祉分野で健康をサポートする栄養士をめざす

病院・福祉栄養実習1・2

病院での食事療法や栄養管理、福祉施設における高齢者や身体機能に障害のある方への献立作成など、高度なニーズに対応できる栄養士をめざします。対象者の状況に配慮した調理技術を習得するほか、入院時食事療養制度や高齢者福祉についてなど、医療・福祉分野と栄養士の関わりも学びます。


STUDENT’SVOICE

少しでも多くの人に、健康になってほしい。
食を通して元気な生活を支えるのが夢です。

少子高齢化が進むなか、高齢者の方たちが元気に生活するための手助けをしたくて選択しました。家族が病気になったとき、いち早くサポートできると思ったのも理由のひとつです。勉強すると、さまざまな病状に応じてつくる食事が違っており、対象者に合わせた内容を先生が丁寧に教えてくれたのでとてもためになりました。現場の様子も教えてもらい、面接で知識が役立ちました。食を通して、多くの人に健康になってほしいです。

山元 勇磨さん
埼玉県立川越総合高等学校出身

資料請求 体験入学
一番上へ