武蔵野栄養専門学校

交通アクセス お問い合わせ TWITTER FACEBOOK Instagram 資料請求 体験入学

栄養士を育成する専門学校|武蔵野栄養専門学校

  1.  トップページ 
  2. › 学科紹介 
  3. › 3つのコース 

3つのコース

2年次から、3つの選択コースを用意。
栄養士としての個々の強みを作ります。

栄養士の主な職場となるのは、小学校や事業所(社員食堂など)、高齢者のための福祉施設、幼稚園・保育所、病院などです。 2年次からは、各自の希望する卒業後の進路に合わせて、コースを自由に選択し、より専門的な実践力を磨いていきます。 各職場での栄養士としてのあり方など、総合的な視点から充実した学びを展開しています。

  • 病院・福祉栄養コース
  • チャイルドニュートリメントコース
  • クックトレーニングコース

医療・福祉分野で健康をサポートする栄養士をめざす

病院・福祉栄養実習1・2

必修選択科目

病院での食事療法や栄養管理、福祉施設における高齢者や身体機能に障害のある方への献立作成など、高度なニーズに対応できる栄養士をめざします。対象者の状況に配慮した調理技術を習得するほか、入院時食事療養制度や高齢者福祉についてなど、医療・福祉分野と栄養士の関わりも学びます。


STUDENT’S VOICE

治療の一環としての食事を学び、
多くの患者様を栄養面から支えていきたい。

病院で勤務する栄養士として、患者様の治療を栄養面からサポートしたいと思い、このコースを選択しました。 実際の現場で働かれていた先生方が自らの体験を踏まえて教えてくださるので、病院で働くイメージがしやすくなり、実践的な学びができていると感じました。 それが自信にもつながり、就職活動を進んで取り組むことができたのだと思います。 将来は的確な栄養指導ができる、信頼される栄養士になりたいです。

田口 我生さん
東京都私立京華中学高等学校出身




成長過程にある子どもたちの「食育」を支援する

保育・学校給食管理実習1・2

必修選択科目

保育施設や小学校の給食での「食育」の視点を持った栄養士をめざします。発育発達過程にある子どもたちの栄養管理の留意点や、調理時の衛生管理の重要性、そして食物アレルギーの対応を専門的に学びます。子どもたちに望ましい食習慣が身につくような、行事食や選択給食の実習も行います。


STUDENT’S VOICE

成長を支える食事作りを大切に。
たくさんの子どもたちを笑顔にしたいです。

子どもが好きで、子どもの食事について詳しく学びたいと思っていたので、このコースを選びました。 特に離乳食の実習が印象に残っていて、想像以上に多くの手間と時間がかかっていることを知り、その大切さを学びました。 授業で学んだ専門的な知識は、就職活動においても役立てることができ、とても充実した学習内容だったと思います。 今後も学んだことを活かし、保育園の栄養士として子どもを笑顔にしていきたいです。

倉田 紗良さん
東京都立忍岡高等学校出身




社員食堂などで活躍する応用力を身につける

クックトレーニング実習1・2

必修選択科目

事業所給食や産業給食を想定して、衛生管理や食材管理、栄養管理といった現場の状況に対応できる知識と応用力を身につけます。実際に提供されている人気メニューを調理して実習するほか、テーブルコーディネートについても学びます。多種多様な献立作成の能力と、調理技術を向上させます。


STUDENT’S VOICE

調理技術が磨かれ、献立の幅も広がりました。
さまざまな現場を経験してみたいです。

このコースを選んだきっかけは、調理技術を磨きたいと思っていたからです。 事業所への就職を希望していたので、初めてつくる料理や人気メニュー、イベント食の実習は実践につながる学びとなりました。 また、料理の見た目を良くすると、食事が楽しくなることを知り、盛り付けにも気を使うようになりました。 目標は頼りがいのある栄養士として活躍することです。 まずは多くの現場を経験して成長できればと思います。

角田 千絵子さん
東京都立葛飾野高等学校出身

一番上へ
教育情報の公表 後藤学園法人サイト 卒業生紹介 在校生の方へ