資格

取得目標資格

本校では卒業時までに、栄養士免許にプラスして以下の資格を取得することができます。

1.NR・サプリメントアドバイザー

多種多様なサプリメントの正しい情報や栄養学の知識を持って、健康の維持・増進、生活習慣病の予防法などをアドバイスする専門の資格です。本校所定の単位と外部講習により、受験資格が得られます。

2.フードコーディネーター 3級

フードコーディネーターは、レストランのメニューの開発や食品メーカーの新商品の開発、または料理番組や料理雑誌、マスコミ・イベントなどの制作時に、メニューの考案からテーブルセッティングまでトータルのコーディネートを行う専門家を認定する資格です。
所定の講座と受講によって資格を得ることができます。

3.フードアナリスト 4級

内装やテーブルマナーはもちろん、「食べ手」の立場でレストランの料理やサービスを1〜5つの星で評価するなど、まさに食の情報を分析、解説する専門家のための資格です。病院などの医療機関をはじめ、商品開発、雑誌やテレビといったマスコミ関係など、活躍の場を広げることができます。講義と修了試験により、
資格を得ることができます。

4.介護職員初任者研修

介護職員初任者研修は、介護の実務を学ぶ入門編と位置づけられ、高齢者や障害者の暮らしを幅広くサポートできる力を身に付けていきます。本校では所定の単位と外部講習より、資格が取得できます。

毎年多くの卒業生が「管理栄養士」に合格しています!

本校を卒業すると「栄養士」の資格が取得できます。さらに、栄養士として3年間の実務経験を積むことで「管理栄養士」の受験資格が得られます。本校では、在学中だけでなく卒業後も、卒業生を対象にした「管理栄養士」受験準備講座を開講するなど、充実のサポート体制でバックアップしています。

栄養士

●栄養士とは

食生活に関する正しい知識と実践力を備えたスペシャリストが栄養士です。 その専門性を活かして、さまざまな環境下にある人々の健康づくりを、 栄養指導などを通じてサポートしていきます。

●栄養士の業務

健康維持や疾病の予防・改善など、目的に応じた献立づくりや 栄養指導、衛生管理、調理などが、主な業務内容です。 また食品メーカーでの商品開発や品質管理、スポーツ施設などでの ダイエット指導など、さまざまな領域で栄養士の知識と技術が求められています。

●活躍のステージ

栄養士が活躍する場は、官公庁、学校、病院、 保育園・幼稚園、福祉施設、地域の保健センター、スポーツ施設、 社員食堂、食品会社など幅広く、そのニーズは近年さらに高まっています。

矢印

3年間の実務経験後、受験資格を獲得

管理栄養士

●管理栄養士とは

より高度で幅広い知識と技術を持ち、さらに専門性の高い栄養指導などを行う、 栄養・食生活・健康のエキスパートが管理栄養士です。 栄養士の指導や管理などの役割も担う、国家資格です。

●管理栄養士の業務

献立づくりや栄養指導など栄養士としての業務はもちろん、 職場での人事管理や予算の管理・運営、職場の栄養士への指導なども行います。 また年齢・性別、生活スタイル、疾病の有無などさまざまな要素を考慮した個人に対する栄養指導の 能力も求められ、相談業務や教育への働きかけも期待されています。

●NST(栄養サポートチーム)とは

管理栄養士は、近年医療現場でもその専門性が認められるようになっています。 NSTとは医師や看護士、薬剤師、栄養士などの専門職がひとつになって、患者の 栄養管理を行うチームのこと。このチーム医療においても、栄養治療スタッフの 一員として管理栄養士の能力が期待されています。

「管理栄養士」資格取得のためのバックアップ体制

卒業後もしっかりサポート

管理栄養士の国家試験は年々難度を増しており、 弱点の克服や出題傾向における情報交換等の対策が不可欠といわれています。 本校では、栄養士の仕事をしながらでも受講できる、 卒業生を対象とした受験準備講座を開講。出題傾向と対策を短期間で学ぶことができます。

管理栄養士の受験のための9日間の対策講座を設けています。

毎年、行っている受験準備講座は、社会・環境と健康、人体の構造と機能及び疾病の成り立ち、基礎栄養学、応用栄養学、栄養教育論、臨床栄養学、公衆栄養学、給食経営管理論など、受験科目の各重要ポイントを集中的に学べる内容となっています。 毎年多くの卒業生が準備講座を通して仲間と情報交換を行い、合格に向けた実力アップを図っています。

一番上へ