1.  トップページ 
  2. › 学科のご紹介 
  3. › 実習・資格 

資格

取得目標資格

MUSASHINOでは、卒業と同時に得られる栄養士免許にプラスして、さらなる向上に役立つ4つの資格取得をサポートしています。

1.NR・サプリメントアドバイザー

サプリメントの正しい知識と栄養学に基づき、健康の維持や増進、生活習慣病の予防などをアドバイスするための資格です。本校所定の単位と外部講習により受験資格が得られます。

2.フードアナリスト 4級

食文化を総合的に学び、利用者の立場でレストランの料理やサービスなどを評価、食と食空間を分析・解説する専門家になるための資格です。講義と修了試験を受け取得できます。

3.介護職員初任者研修

介護の実務を学ぶ入門編となる資格です。高齢者や障害者の暮らしをサポートするための能力を身につけます。本校では、所定の単位と外部講習によってこの資格を取得できます。

4.フードコーディネーター 3級

食品メーカーの商品開発や、料理に関わる制作現場でのメニュー考案からテーブルセッティングまでトータルに行うための資格です。講義と実習をセットで受講して取得します。

毎年多くの卒業生が「管理栄養士」に合格しています!

MUSASHINOでは、在学中から管理栄養士の受験に関連した専門科目を開設。さらに卒業後も、管理栄養士国家試験受験準備講座でバックアップしています。

管理栄養士

●栄養士とは

幅広い知識を持って栄養指導と食事管理を行う、栄養・食生活・健康のプロが管理栄養士です。健康な方へ指導を行う栄養士に対し、管理栄養士は病気の方や、高齢者も専門的にサポートできる国家資格です。栄養士を指導する役割も担っています。

●主な.業務

献立作成や栄養指導の業務はもちろん、職場での人事管理や予算の管理・運営、栄養士への指導も行います。年齢や体質、病状など様々な要素を考慮した各個人への栄養指導の能力が求められており、相談業務や教育現場においても活躍しています。

●NST(栄養サポートチーム)とは

管理栄養士は近年、医療現場でもその役割が認められており、医師や看護師、薬剤師、栄養士と一体になって患者の栄養管理を行うNSTというチームを組んでいます。チーム医療においても、管理栄養士の栄養治療能力は必要とされているのです。

管理栄養士免許取得の流れ

【1】

卒業後実務経験3年以上で管理栄養士受験資格を取得

【2】

4年目に管理栄養士国家試験受験

【3】

試験合格後管理栄養士免許取得

「管理栄養士」資格取得のためのバックアップ体制

<在学中>管理栄養士の受験科目に関連した専門科目を設けています。

国家試験の受験科目に関連した専門科目を設け、管理栄養士をめざす生徒が早くから備えることができるようカリキュラムを組んでいます。必修科目で基礎を固め、専門科目でそれを深めることで、受験対策として十分な学力の養成を図ります。

<卒業後>管理栄養士国家試験受験準備講座を開講しています。

本校では卒業生を対象に、仕事をしながら受講できる受験準備講座を開講。毎年秋頃から土日祝に、出題傾向と対策を集中的に指導します。多くの卒業生が参加し、仲間と情報交換をしながら、管理栄養士から国家試験合格をめざして勉強しています。

一番上へ