1.  トップページ 
  2. › 武蔵野栄養専門学校について 
  3. › 理事長から 

理事長から

資格を社会で役立つ実力の証に。
実践力を重視した栄養士教育を行っています。

理事長

 武蔵野栄養専門学校では単に栄養士資格の取得を目的とするのではなく、知識や技術をしっかりと身につけ、取得した資格を活かして社会で活躍するための実践力を重視しています。例えば入学後すぐに基礎学力向上を目的とした試験を行い、一人ひとりのペースに合わせて、補習やe-ラーニングを活用してレベルアップを図っています。
また専門知識をより確実に習得するために、全国栄養士養成施設協会が主催し、大学まで含めた全国の栄養士養成施設を対象とする「栄養士実力認定試験」を2年生後期に全員が受験します。そのための対策講座を行うなど、十分に学習できるシステム、豊富な実習を行うための充実した教育環境を整えています。創造とは、「何もないところから、在るものを生み出すこと」「生み出された在るものに対し、何かと何かを結び合わせ、輝き合わせること」です。教育や人材育成においても、そうした創造の瞬間に立ち会うことは、育つ側、育てる側の両者に重要な意味を持つと私は考えます。その時、人は自分自身と向き合い、表現しようと試みるなかで、自分を確かめることになるからです。
心の奥底に響くような何かに一旦触れると、その人はきっと何かを創り上げ、自分自身で動き出していくようになるでしょう。興味がわくことは続ける意志を後押しし、人間同士が互いに共感する力を共有し、高めていくことにつながります。
学校はそのような直感や着想を「学ぶ人」のために与えることが可能な環境です。そのためには自らの動機を開発し、掘り下げていけるような探究の精神が必要になってくるでしょう。そして、それは自分だけのためではなく、人のために役立つことを成そうとする時に本当に輝き、生き、喜びになるのだと思います。

学校法人 後藤学園
理事長 学園長
後藤 人基

資料請求 体験入学
一番上へ