1. トップページ  
  2. › コラム一覧 
  3. › スポーツ栄養士は競技者向け栄養管理の専門家!公認スポーツ栄養士との違いも紹介

スポーツ栄養士は競技者向け栄養管理の専門家!公認スポーツ栄養士との違いも紹介

スポーツ栄養士

2024.01.31

「子どもの頃に憧れたスポーツ選手を食事や栄養の面で支えたい」「将来はスポーツ業界に関わる仕事がしたい」

将来の進路にこのような希望を持つ人が目指す仕事として、スポーツ栄養士があります。

この記事では、スポーツ栄養士は具体的にどのような仕事をするのか、公認スポーツ栄養士とはどのような違いがあるのかなどを紹介しています。

将来、スポーツ栄養士を目指したい人はぜひこの記事を読んで、一緒にスポーツ栄養士への道を検討してみましょう。

 

スポーツ栄養士は競技者向け栄養管理の専門家

スポーツ栄養士はスポーツの競技者向けの栄養管理を専門とする栄養士です。アマチュアからプロまで、スポーツの競技者を栄養面から支えます。

実はスポーツ栄養士という資格はなく、スポーツ選手の栄養に関わる仕事をしていればスポーツ栄養士を名乗ることができます。

ただし、後ほど説明する公認スポーツ栄養士は資格の名前で、資格を取得しないと公認スポーツ栄養士とは名乗れないことを覚えておきましょう。

 

管理栄養士の資格があればスポーツ栄養士にもチャレンジできる

スポーツ栄養士になるためには、管理栄養士の資格を求められることが多いです。

また、あなたが担当するスポーツによって選手の理想とする体の状態は異なります。

そのスポーツにおける選手の理想と、その理想を叶えるための栄養の知識もスポーツ栄養士には求められます。

管理栄養士の資格とスポーツに特化した知識、その療法がスポーツ栄養士として大きく活躍するために必要だと考えましょう。

 

スポーツ栄養士の仕事内容は選手活動を栄養面から支えること

筋肉を大きくしてパワーを付けたい人、逆に体を絞りつつもパフォーマンスは落としたくない人など、選手の要望はさまざまです。

この要望を栄養の観点から支えることがスポーツ栄養士の仕事です。では、具体的にどのような業務を行うのか確認します。

 

選手に寄り添った日常的な栄養管理

運動・栄養・休養の3つはコンディショニングの3本柱と呼ばれ、このうちの栄養について日常的に管理することがスポーツ栄養士の必須業務です。

スポーツ栄養士は選手が普段口にしている食事の栄養管理をして、選手のコンディションを常にベストな状態に保つことで、選手のパフォーマンスを支えます。

しかも、選手によって食事の好みは異なります。一人ひとりの体の状態に加えて、気持ちにも寄り添った栄養サポートができれば、多くの選手から頼りにされる一流のスポーツ栄養士として活躍できること間違いなしです。

 

食事メニューの考案や調理をする場合もある

食堂があるようなチームを担当したり、個人選手の合宿や遠征への同行をしたりする栄養士になると食事メニューを考案したり、実際の調理を行ったりする場合もあります。

食事メニューを作るときには、栄養学の観点からそのメニューを提案した論理的な理由が求められます。

さらに、実際の調理を行う場面では必要な栄養を接種できることは当然として、おいしく食べられる料理を作る技術も必要です。

栄養の知識だけではなく調理の知識や技術も身に付けたワンランク上のスポーツ栄養士を目指して、日頃からさらなるスキルアップを心がけましょう。

 

栄養の知識を伝えるセミナーの実施

選手が普段口にする食事でも栄養に気を付けられるように、栄養の知識を選手に伝えることもスポーツ栄養士の仕事です。

栄養が選手のパフォーマンスにとっていかに重要か、食事が競技の結果をどのくらいサポートするかなどを選手が理解すれば、普段の栄養指導がより効果的になります。

また、常日頃選手が食事と栄養を自己管理できるようになれば、その選手のパフォーマンスはさらに高まるでしょう。

このようにセミナーで栄養に関する知識を伝えることも選手のパフォーマンスにとって重要な意味を持つため、積極的に取り組むべき業務です。

 

スポーツ栄養士を目指す人の進学先として2つの選択肢がある

スポーツ栄養士を目指す人の進学先には2つの選択肢があります。その2つの選択肢についてそれぞれ詳しく紹介します。

 

1. 大学など4年制の管理栄養士養成施設を卒業して試験に合格

進学先の1つ目の選択肢は大学などの4年制管理栄養士養成施設です。

この施設を卒業するタイミングで管理栄養士国家試験に合格すれば管理栄養士資格を取得できて、スポーツ栄養士を目指せます。

大学に進学するメリットは幅広い学問を学べることです。一般教養など栄養学以外の勉強もできることで多くの知識を持って管理栄養士を目指せます。

デメリットは卒業までに時間とお金がかかり、就職までの期間が長いことです。卒業まで4年必要なため、その分の時間とお金の負担が大きくなります。

 

2. 専門など栄養士養成施設を卒業して実務経験を積み試験に合格

進学先の2つ目の選択肢は、専門学校や短大などの栄養士養成施設です。

これらの施設で栄養士資格を取得し、実務経験を積んだ後に管理栄養士国家試験に合格すれば管理栄養士資格を取得できます。

専門や短大のメリットは、2年で卒業できるところが多く早く就職できたり学費が2年分で済んだりすることです。早く自立したい人や資格取得までの費用負担を小さくしたい人には、専門や短大のメリットは大きいでしょう。

デメリットは管理栄養士の国家試験を学校卒業後すぐには受けられないことです。

管理栄養士国家試験を受けるために実務経験が必要なため、卒業から時間を空けて試験対策が必要になります。

学校によっては管理栄養士試験の対策を卒業後もしてくれるところもあるため、1人で管理栄養士試験を受けることが不安な人は、卒業後のサポートも充実している学校を選べばデメリットは最小限に抑えられます。

 

難関試験を突破すれば公認スポーツ栄養士になれる

公認スポーツ栄養士は日本栄養士会と日本スポーツ協会が共同認定する資格で、難関の試験を突破しなければ公認スポーツ栄養士と名乗れません。

公認スポーツ栄養士の資格を持っていれば、適切な養成講座を受けていることと、難関の試験を突破できるほどの専門知識を身に付けていることの証明となります。

この資格を持っていれば優れた専門知識が身に付いていることをアピールできるため、仕事の幅が広がります。

より多くの人にスポーツ栄養士として関わりたい、トップアスリートに近いところで仕事をしたい人は、この資格を取得しておくことで転職やスポーツ栄養士としての活動を有利に進められるでしょう。

 

試験は高難易度で合格率は20%ともいわれる

公認スポーツ栄養士の試験は難易度が高く合格率は20%程度ともいわれます。

受講が必須の養成講座も受講者数が70名程度と絞られているため、公認スポーツ栄養士への道は狭き門を抜けなければなりません。

しかし、資格の取得難易度が高いからこそ、公認スポーツ栄養士の資格は多くのチームや選手から重宝されるものになります。

自分の専門性の高さを資格の形で証明したい人はぜひこの資格取得を目指しましょう。

 

スポーツ栄養コースでスポーツ栄養士を目指せる武蔵野栄養専門学校

スポーツ栄養士になりたい人には、スポーツ栄養コースのある武蔵野栄養専門学校が向いています。

一般的な栄養士としての知識や技術だけではなく、スポーツ栄養士として必要な知識や技術を在学中に身に付けられることで、将来スポーツ栄養士として活躍する可能性を高められます。

 

卒業後も管理栄養士の資格取得サポートをしてもらえる

さらに、スポーツ栄養士として活躍するために必須といえる管理栄養士の資格取得についてもサポートが受けられます。

在学中に管理栄養士の受験サポートがあることに加えて、卒業後も管理栄養士国家試験受験準備講座を受けられます。

ただ栄養士資格を取得して卒業させるだけではなく、卒業生のその後のキャリアまで見据えたカリキュラムを受けられることが、武蔵野栄養専門学校の大きなメリットです。

 

在学中に栄養士以外の4つの資格取得も目指せる

また、在学中は栄養士以外に食育栄養インストラクター、アスリートフードマイスター、NR・サプリメントアドバイザー、フードアナリストといった4つの資格取得も目指せます。

就職活動をするときに多くの資格を持っていれば、栄養士の資格しか持っていない他の学校の人に差を付けて有利に就活を進められます。

在学中から就職活動、さらには卒業後まで手厚いサポートを受けたい人や、他の人よりも有利な条件でスポーツ栄養士を目指したい人は、ぜひ武蔵野栄養専門学校を進学先としてご検討ください。

実際に学校に行ってみたいかたはコチラから

まずは資料を見てみたいかたはコチラから

武蔵野栄養専門学校2024 学校案内デジタルパンフレットはこちら 学生募集要項2024 募集要項デジタルパンフレットはこちら-->