1. トップページ  
  2. › コラム一覧 
  3. › 管理栄養士の平均年収は?職場による差が激しい

管理栄養士の平均年収は?職場による差が激しい

管理栄養士

2024.01.31

人生のキャリアを管理栄養士としてスタートしようと考える際、年収が気になることは当然です。

この記事では、管理栄養士を目指す中で収入が気になっている人に向けて、管理栄養士の平均年収から比較的お給料の高い職場、さらに管理栄養士としての年収を高める方法も紹介しています。

この記事を参考に管理栄養士の収入事情を理解した上で、今後の進路を決める検討材料にしてみてください。

 

管理栄養士の平均年収は?職場による差が激しい

管理栄養士・栄養士の平均年収は2022年版厚生労働省「賃金構造基本統計調査2022年版」を参考にすると約379万円でした。
(参考:厚生労働省「賃金構造基本統計調査2022年版」

また、大手求人サイトマイナビコメディカルの求人情報によると、管理栄養士のモデル年収は約350~390万円とのことです。
(参考:マイナビコメディカル「管理栄養士の給料・年収は?職場別・地域別の平均給与を公開」

これらの情報を総合して考えると、管理栄養士の年収はだいたい350万円~400万円前後と推測されます。

しかし、実際には職場による差が激しく、大きな企業と小さな企業、民間と公務員など条件によって年収に差があると考えられます。

一概に大企業は年収が高い、民間は公務員より必ず年収が低いなどと断定はできないため、一つひとつの求人を正しくチェックしなければなりません。

管理栄養士としての年収を調べる際には、これらの情報を理解した上で実際の求人情報などを見ることで、その企業の年収実態をより正確につかめると考えましょう。

 

栄養士と比較するとやや高水準である場合が多い

ただし、管理栄養士と栄養士の収入を比較すると、一般的に管理栄養士の方が高水準な収入を得ています。

これは管理栄養士の資格が栄養士の上位資格であり、行える業務に差があることが理由です。

いろいろな仕事を任されるため業務量が多く、その仕事の責任が重い分、管理栄養士の年収は栄養士に比べると高水準になります。

反対に、業務量と責任の重さはある程度に抑えられている分、栄養士の年収は管理栄養士に比較するとやや控えめのところが多くなっています。

管理栄養士と栄養士の資格取得を検討する際には、年収だけではなくあなたが重要視している要素を軸にして考えてみましょう。

 

管理栄養士のお給料が高い職場3選!民間がやや高い場合が多い

管理栄養士のお給料が高い職場を3選紹介します。

企業によるばらつきが大きいため断定はできませんが、一般的に民間企業のお給料は公務員よりも高い傾向にあると考えられています。

 

1. 給食センターは人手不足で年収600万など高待遇の狙い目な職場も!?

管理栄養士のお給料が高い職場の代表格は給食センターです。

就職先としても人気の給食センターでは人手不足が深刻で、地域やスキルによっては年収が600万円になるような高待遇の職場もあり狙い目といえます。

あなたが高い年収の管理栄養士を目指すなら、給食センターは必ず選択肢に入れておきましょう。

 

2. 食品関係は管理栄養士が活躍できる場が多い

食品関係の企業でも管理栄養士が活躍するシーンは多く、その分年収も高めの設定であることが多いです。

食品の栄養に関する業務はもちろん、その知識を活かして商品企画や商品開発の業務を担当することもあるでしょう。

あなたの企画や開発によって誕生した商品が大ヒットすればボーナスに反映される場合もあり、高い年収を狙うなら食品関係の企業も要チェックです。

 

3. 病院や歯科医院の他に介護施設も高めの傾向あり

病院や歯科医院、介護施設も管理栄養士の年収が高めの傾向です。

とくに病院や介護施設では管理栄養士の設置が義務付けられている施設も多く存在しているため、管理栄養士は必要な存在として考えられています。

管理栄養士の設置義務があることから管理栄養士の需要は大きく、需要の大きさに応じて高い年収設定になっている施設も多いです。

 

管理栄養士として年収を上げるならあなたの価値を高めよう

管理栄養士として年収を上げるなら、あなたの価値を高めることが絶対条件です。ここでは具体的にあなたの価値を高める方法を紹介します。

 

管理栄養士以外の資格や知識を身に付け有利に就活する

管理栄養士の資格だけ持っている人と、それ以外の食や栄養に関する資格を持っている人で比較すると、多くの資格を持っている人の方が希少で有能である可能性は高いと判断されやすいです。

希少性が高く有能な人材なら年収を高く設定してでも採用したいと企業は考えるため、管理栄養士以外の資格や知識を身に付けていれば有利に就職活動や転職活動を進められます。

たとえば公認スポーツ栄養士の資格を例に挙げましょう。この資格は管理栄養士を持っている人のみ受験できる資格で、合格率は20%ともいわれる難しい資格です。

日本全体でも公認スポーツ栄養士の資格を持っている人は少ないため、この資格があるだけで難関資格を突破したスポーツ栄養に詳しい貴重な人材であると企業にアピールできます。

前述の通り、希少性が高く有能な人材は高待遇でも採用したいと企業は考えるため、難しい資格やアピールになる資格は積極的に取得を目指しましょう。

 

資格を活かしつつ栄養士以外の仕事にも目を向けてみる

管理栄養士の資格を持っていれば食や栄養に関するスペシャリストとして活躍できます。

栄養士の主な仕事である栄養管理や食事指導を行うこと以外にも、幅広い視点で考えれば年収を高めることは難しくありません。

たとえばおいしいだけではなく栄養のこともよく考えられた調理を学べる料理教室の先生や、おいしくて体に良い栄養が摂れる商品の開発担当など、管理栄養士の資格が活きる業務は多いです。

「管理栄養士はこう働くものだ」との固定観念を捨てて、幅広く資格が活かせる仕事を探すことで年収アップの希望を叶えられると考えましょう。

 

在学中に栄養士以外の資格も取れる武蔵野栄養専門学校

武蔵野栄養専門学校は将来高年収の管理栄養士を目指したい人に向いている選択肢です。

在学中に栄養士以外の資格取得も目指せるため、卒業時に栄養士資格しか持っていない他の学校の学生に差を付けられます。

管理栄養士の年収アップ方法のところでも紹介したように、有能な人材は高待遇でも採用したいと考える企業が一般的です。

したがって、在学中から複数資格の取得を目指せる武蔵野栄養専門学校は、将来の高待遇を目指す人に向いている進学先候補といえます。

 

管理栄養士やスポーツ栄養士を目指せる

さらに武蔵野栄養専門学校なら、管理栄養士の資格取得やスポーツ栄養士としての就職を目指せることも嬉しいポイントです。

管理栄養士になりたい人に対しては在学中から卒業後まで徹底的にバックアップする体制が整っており、卒業後でも管理栄養士の国家試験対策を受けられます。

また、選択コースでスポーツ栄養コースを選べば、現役でトップアスリートの栄養指導をする栄養士の先生から講義を受けられて、リアルなスポーツ栄養の現状を学べます。

このように管理栄養士やスポーツ栄養士としてのキャリアを積んで、ステップアップしながら年収を高めていきたい人にも、武蔵野栄養専門学校は最適な選択肢です。

将来は栄養士や管理栄養士の資格を持った貴重な人材として、高年収を狙っていきたい人はぜひ武蔵野栄養専門学校を進学先としてご検討ください。

実際に学校に行ってみたいかたはコチラから

まずは資料を見てみたいかたはコチラから

武蔵野栄養専門学校2024 学校案内デジタルパンフレットはこちら 学生募集要項2024 募集要項デジタルパンフレットはこちら-->