1. トップページ  
  2. › コラム一覧 
  3. › 管理栄養士にしかできないことは多い!栄養士の上位資格を目指そう

管理栄養士にしかできないことは多い!栄養士の上位資格を目指そう

管理栄養士

2024.01.31

管理栄養士と栄養士は名前が似ているためよく混同されてしまう資格です。しかし、実際は管理栄養士にしかできないことがあり、そこには明確な違いがあります。

この記事では管理栄養士にしかできないことを紹介した後、管理栄養士と栄養士の相違点、管理栄養士の仕事内容や向いている人の特徴などを紹介します。

管理栄養士と栄養士のどちらを目指すか悩んでいる人は、ぜひこの記事を進路検討の材料にしてください。

 

管理栄養士にしかできないことは多い!栄養士の上位資格を目指そう

管理栄養士にしかできないことは多く、管理栄養士は栄養士の上位資格といわれます。

ここでは具体的に管理栄養士にしかできないことを確認していきます。

 

アスリートや病人などに栄養指導ができる

管理栄養士と栄養士の大きな違いの1つとして指導対象が挙げられます。

簡単に説明すると管理栄養士は病気の人にも栄養指導ができますが、栄養士は健康な人にしか栄養指導をできません。

また、病気の人とは正反対の印象を受けるアスリートに栄養指導をする場合も、管理栄養士の資格を求められることが多いです。

とくに後ほど紹介する公認スポーツ栄養士の資格を取得する際には、管理栄養士資格を持っていることは必須条件のため、公認スポーツ栄養士を目指す人は管理栄養士の資格を必ず取得しましょう。

 

大規模な給食提供施設には管理栄養士の設置義務がある

職場の規模が大きいものになると、管理栄養士資格を持つ人の設置義務が出てきます。

これは栄養士の資格で肩代わりすることはできず、必ず管理栄養士の資格を持っている人が必要です。

このように管理栄養士と栄養士では決定的に異なるシーンもあるため、自分がどのような業務をしていきたいか、どのような職場で働きたいかに合わせて管理栄養士資格の取得を検討しましょう。

 

管理栄養士と栄養士は資格を発行する担当も違う!どこが発行するの?

管理栄養士と栄養士は資格発行の担当者も違います。

具体的には厚生労働大臣が管理栄養士資格発行を担当し、都道府県知事が栄養士資格発行を担当します。

担当は違ってもどちらも国家資格のため、その点は安心してください。

 

公認スポーツ栄養士の資格取得には管理栄養士が必須

管理栄養士と栄養士の違いの部分で紹介したように、公認スポーツ栄養士の資格を取得する際には管理栄養士の資格が必須です。

公認スポーツ栄養士の資格は決められた講座を受けて、試験に合格することで取得できます。この講座や試験は管理栄養士資格を持っている人しか受けられません。

よって、公認スポーツ栄養士を目指す場合は管理栄養士資格を持っていることが絶対条件になるため、将来公認スポーツ栄養士の資格を取りたい人は管理栄養士の資格は必ず取っておきましょう。

 

管理栄養士の仕事内容は主に3つ!栄養面から食事をサポートをする

管理栄養士の主要な3つの仕事内容を確認します。

栄養面から食事をサポートすることはどの業務でも同様ですが、具体的なアクションに少しずつ違いがあります。

 

1. 栄養バランスの整った適切な献立を考える

栄養バランスの整った適切な献立を考えることは管理栄養士の大切なお仕事です。

食事を食べる人の健康状態や状況に応じて、必要な栄養が適切に摂取できるよう工夫します。

また、単に栄養が摂れるだけではなく、食事をおいしくて楽しいと思ってもらえるように工夫した献立を考えることも、管理栄養士の腕の見せどころです。

 

2. 適切な栄養の食事を安全に提供する

考えた献立を実際に調理することも管理栄養士の仕事の1つです。

適切な栄養素が摂れる完璧な献立を考えたとしても、調理の段階で失敗してしまってはおいしく食事を食べてもらえません。

衛生管理が行き届いた環境で安全に調理された食事を、利用者さんにおいしく食べていただくまでが管理栄養士の仕事と考えましょう。

 

3. 健康に生活したい人に栄養の指導を行う

今の健康を維持・増進したい人や、健康を取り戻したい人に栄養の指導を行うことも管理栄養士の仕事です。

具体的には普段口にしているものや現状の悩みを聞いて、その悩みを解決するために必要な栄養素が摂れる食材やその調理方法、普段から心がけることなどをお伝えします。

あなたの指導で指導対象の人の健康が左右されるため、これも他の業務同様に非常に重要な管理栄養士の仕事と認識しておきましょう。

 

正しい栄養の知識と指導対象への思いやりが求められる

ここまで紹介した管理栄養士の仕事を行うにあたって、非常に重要なスキルが2つあります。

1つは正しい栄養の知識、もう1つは指導対象の人への思いやりです。

管理栄養士の知識が間違っていると必要な人に適切な栄養を摂らせてあげられず、健康を損なってしまったり悩みが解決できなかったりします。

このようなことにならないためにも、管理栄養士は正しい栄養の知識を持って業務に当たらなければなりません。

また、一方的に正しい知識を押し付けずに、指導対象の人へ思いやりを持って接することも大切です。

専門的な内容をわかりやすく伝えたり、相手の好みに配慮して指導を行ったりするなど、相手の気持ちに寄り添った栄養指導ができてこそ一流の管理栄養士です。

あなたは管理栄養士でアドバイスを行う立場だとしても、アドバイスを受ける指導対象の人の気持ちを想像しながら栄養指導を行いましょう。

 

自分の考えたメニューで人生をサポートできることがやりがい

管理栄養士のやりがいは自分の考えたメニューで人生のサポートをできることです。

正しい知識に基づくあなたの適切なアドバイスによって、指導対象の人の食生活はより健康的なものに変化します。

食生活が健康的なものに改善された指導対象者の人生は、より楽しく幸せなものになります。

このようにあなたがアドバイスをした人の食生活がより健康的になり、今まで以上にいきいきとした人生を送っている様子を見るとき、管理栄養士になって良かったと感じられるでしょう。

 

管理栄養士を目指すならサポートの手厚い武蔵野栄養専門学校

食事と栄養のアドバイスを通じて人の人生をより良いものにできる管理栄養士を目指すなら、サポートの手厚い武蔵野栄養専門学校が向いています。

武蔵野栄養学校で管理栄養士を目指す利点を紹介します。

 

卒業後もバックアップ体制が充実!管理栄養士試験のサポートが受けられる

武蔵野栄養学校では卒業後のバックアップ体制が充実しています。

管理栄養士になるための国家試験のサポートを卒業後でも受けられることは、1人での試験対策に不安を覚える人にとっては非常に心強いものです。

早く自立したい、通学期間は短く終わらせて時間も学費も節約したいなどの理由からまずは栄養士資格を取得し、実務経験を積む中で管理栄養士のステップアップを検討する人は多いです。

しかし、卒業してから独学で管理栄養士を目指すことは非常に心細く、合格できるかどうか常に不安がつきまといます。

武蔵野栄養専門学校なら卒業後も手厚いサポートがあるため、このような不安を持つ人も安心して試験対策を行えます。

将来、栄養士から管理栄養士へのステップアップを検討しているものの、1人での試験対策に不安を覚えている人は、ぜひ卒業後まで手厚いサポートが続く武蔵野栄養専門学校を頼ってください。

 

在学中に複数資格を目指して就職にも有利

また、武蔵野栄養専門学校では栄養士資格を含めて、以下のような資格取得も在学中からサポートしています。

 

  • 栄養士
  • 食育栄養インストラクター
  • アスリートフードマイスター
  • NR・サプリメントアドバイザー
  • フードアナリスト

 

卒業時に栄養士の資格だけではなく、他の資格取得も目指して新卒採用で他の人にも差を付けたいなら、武蔵野栄養専門学校の資格取得サポートが役に立ちます。

在学中の資格取得から卒業後の管理栄養士資格取得まで、手厚いサポートを受けて栄養士や管理栄養士として大きな活躍をしたい人は、ぜひ武蔵野栄養専門学校を進学先の候補としてご検討ください。

実際に学校に行ってみたいかたはコチラから

まずは資料を見てみたいかたはコチラから

武蔵野栄養専門学校2024 学校案内デジタルパンフレットはこちら 学生募集要項2024 募集要項デジタルパンフレットはこちら-->