1. トップページ  
  2. › コラム一覧 
  3. › 栄養士は食事と栄養に特化した国家資格!資格の取り方や業務内容を紹介

栄養士は食事と栄養に特化した国家資格!資格の取り方や業務内容を紹介

栄養士

2024.01.31

最近では「糖質制限」や「食育」などの言葉をよく聞くようになりました。世間で栄養に注目が集まっている中、栄養士の資格を持っている人の需要も高まっています。

 

この記事では栄養士資格とはそもそもどのようなものか、資格の取り方や業務内容などを紹介しています。

 

また、就職先や学費などについても紹介しているため、栄養士資格の取得を目指している人はこの記事を参考に、栄養士としてのキャリアプランを一緒に検討していきましょう。

 

栄養士は食事と栄養に特化した国家資格!食事で人々の健康を支えます

栄養士とは食事と栄養に特化した国家資格です。資格取得の条件を満たすと、都道府県の知事から免許を与えられて栄養士として活動ができるようになります。

栄養士は個人や集団に対して栄養バランスの整った献立を作成したり、その献立を実際に作って提供したりします。

栄養について指導が必要な人にその指導を担当する場合もあり、まさに栄養のスペシャリストといえる資格です。

 

栄養士の資格の取り方を紹介!年齢制限はなく社会人からでも目指せます

栄養のスペシャリストになれる栄養士資格の取り方を紹介します。

 

栄養士養成施設を卒業すると卒業と同時に栄養士免許が取れる

栄養士の資格である栄養士免許は栄養士養成施設を卒業することで、卒業と同時に取得できます。

栄養士養成施設とは栄養士養成課程のある専門学校、大学や短期大学のことで、これらの学校で必要な単位を取得すれば卒業時に栄養士免許が取れます。

取得にあたって試験に合格する必要はなく、学校を卒業すれば免許が取れるため比較的取得難易度の易しい資格といえるでしょう。

 

ただし最短でも2年は学校に通う必要がある

栄養士の資格を取得するために試験に合格する必要はないとお伝えしました。しかし、学校の卒業は必須のため、資格取得までに最短でも2年かかります。

学校に通う期間が長ければ長いほど学費や一人暮らしの生活費などが余計にかかるため、なるべく費用を抑えたい人は2年制の専門学校や短大を進学先に選びましょう。

 

通信講座を利用した独学による資格取得はできない

ちなみに、通信講座や夜間学校での栄養士資格は残念ながらできません。試験に合格して取得できる資格ではないため、独学での資格取得もできないことを覚えておきましょう。

栄養士の資格を取るときには必ず学校へ通い、その学校で指定の単位を取ってから卒業することが必要です。

 

栄養士の仕事は健康な人へ栄養管理や指導をすること

栄養士の資格を取得した後は、栄養士の資格を活かして有利に就職ができます。

就職先では健康な人に対して栄養管理や指導、献立の作成や調理などの仕事を行います。

健康を維持できる栄養バランスの良い食事を考えたり、より健康になるためにはどのような栄養を摂ればいいかなどのアドバイスを行ったりする場合もあるでしょう。

いずれの場合でも健康な人に対して栄養や食事の指導をしたり、その指導に基づいた調理などを行います。

 

管理栄養士は疾患を持っている人へ栄養管理や指導ができる

たとえば入院患者への栄養指導や、メタボリックシンドロームとその予備軍の人への食事提案は管理栄養士だけができる業務です。

栄養士の資格を取得した後に管理栄養士にステップアップする人も多いため、管理栄養士を目指すならまずは栄養士として実務経験を積みながら管理栄養士試験に挑戦しましょう。

 

就職先は給食関係や保育施設のほか病院や福祉系施設など

栄養士の就職先には食のスペシャリストとして活躍できる施設や企業が多いです。

たとえば給食関係の企業は一般的な栄養士の就職先です。これらの企業に就職した場合、学校の給食を用意したり、企業の社食で食事を提供するなどの業務を行います。

給食関係の企業の他にも保育施設や病院、福祉系施設も栄養士に人気の就職先です。

業務は給食関係の企業と似ている場合も多いですが、それぞれの施設で利用者に違いがあるため、その違いに応じた栄養バランスの良い食事を考えることが栄養士に求められます。

 

献立を考えたり実際に調理をする仕事が多い

給食関係の企業や保育施設、病院や福祉施設に就職した場合、栄養士は給食の献立を考えたり、実際に調理を行ったりします。

これらの業務に関連して、食材の管理や発注、学校に就職した場合には学校だよりや給食だよりといった、いわゆるお手紙の作成も業務として行う場合があります。

栄養士としての知識を活かして献立を考えたり献立に沿って食事を作ったりすることはもちろん、その知識を広く利用者さんに伝えて栄養の大切さを伝えることも栄養士としての重要なお仕事です。

 

学費は通う学校によって異なる!300万~500万円を目安と考えよう

さて、ここからは栄養士になるために必要な学費について一緒に確認します。

学費は通う学校によって異なりますが、卒業までには一般的に300万円~500万円程度かかります。

内訳としては入学金に約30万円、1年毎の学費に約100万円~130万円、教材費に約30万円が目安です。

少し費用負担が大変だと感じる人は、学費のサポート制度が十分に整っている学校を検討しましょう。

 

通う年数が長くなるとその分学費は高くなる

学費と教材費は毎年支払う必要があるため、学校に通う年数が長くなればなるほど学費が多くかかります。

たとえば2年制の専門学校と4年制の大学で比較すると、2年制の専門は4年制大学の半分の学費で済みます。

通学年数が長くなればその分学費の負担も大きくなるため、学費の負担を抑えたい人はできるだけ短い期間で卒業できる学校を選びましょう。

 

一人暮らしをする場合は生活費も計算しておこう

さらに、一人暮らしをする場合は学費の他に生活費もかかることを忘れてはいけません。

東京の一人暮らしなら家賃や食費に加えて光熱費や通信費などが毎月10万円以上、1年で120万円程度は最低でもかかると考えてください。

これも学費と同じように学校に通う年数が長くなればなるほど負担が大きくなるため、少しでも費用負担を小さくしたい人はできるだけ短い期間で卒業できる学校選びが必要です。

 

将来、栄養士として即戦力として活躍したい人は武蔵野栄養専門学校へ!

学校を卒業して栄養士としての資格を取得しても、知識や技術が実際の現場で役に立たなければ意味がありません。

栄養士として就職した後、即戦力として活躍したい人はぜひ武蔵野栄養専門学校を選択肢に入れてください。

即戦力の栄養士として活躍したい人に武蔵野栄養専門学校が向いている理由を3つ説明します。

 

1. 就職率は驚異の100%!手厚い就職サポートが魅力

栄養士の資格を取得して、いざ就職という段階になって就職先が見つからないのであれば、がんばって資格を取得した意味が無くなってしまいます。

武蔵野栄養専門学校の就職率は驚異の100%のため就職先が見つからない心配は不要で、栄養士資格を活かして就職したい人にはぴったりです。

就職率をここまで高くできる秘訣は手厚いサポートにあります。

武蔵野栄養専門学校の就職活動サポートは、就職担当とクラス担任2人体制でサポートするシステムを採用しており、早い段階で企業情報を仕入れて先生と一緒に就職準備を進められます。

理想の就職先がある人は、武蔵野栄養専門学校の手厚い就職サポートを活用して少しでも理想に近い職場への就職を目指しましょう。

 

2. 実習が多く即戦力として現場に入れることもポイント

さらに、武蔵野栄養専門学校では実習を重視しており、これが現場に入ってから即戦力として活躍できる大きな理由の1つです。

あなたが目指す栄養士のキャリアプランに合わせられるように4つの選択コースがあり、それぞれのコースで希望の進路に近い実習が用意されています。

また、1年生の後半から2年生の前半にかけては毎週大量調理の実習があり、約400食の給食を作ります。

この集中的な実習を経験することで、現場に出てから役に立つ実践的な知識や技術を身に付けられることも武蔵野栄養専門学校の特徴です。

 

3. 文部科学大臣より職業実践専門課程として認定されている

手厚い就職サポートや豊富な実習に加えて、武蔵野栄養専門学校のカリキュラムは文部科学大臣から職業実践専門課程として認定されるほど実践的です。

この職業実践専門課程とは学校が企業と密接に連携をしており、実践的な授業を重視している学校にだけ認められるものです。

つまり、職業実践専門課程として認定されている武蔵野栄養専門学校のカリキュラムは、企業と密接に連携をしているカリキュラムで、実践的な授業をしていると国から認められていることの証拠になります。

よって、武蔵野栄養専門学校で学べば、企業の最新の状況を理解したうえで就職ができるため、実際に就職したときにも即戦力として活躍できます。

将来、即戦力の栄養士として就職して活躍したい人はぜひ武蔵野栄養専門学校をご検討ください。

実際に学校に行ってみたいかたはコチラから

まずは資料を見てみたいかたはコチラから

武蔵野栄養専門学校2024 学校案内デジタルパンフレットはこちら 学生募集要項2024 募集要項デジタルパンフレットはこちら-->