ロゴ   

「武蔵野栄養専門学校は持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています

ゴール
logo

SDGs(Sustainable Development Goals:持続可能な開発目標)は、2015年9月の国連サミットで採択された、
2030年を達成年限とする持続可能でよりよい社会の実現を目指す世界共通の目標です。17のゴールと具体的な
169のターゲットから構成され、地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。

外務省HP https://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/sdgs/index.html

ミドルゴール
  
MUSASHINO'S SDGs
~ 武蔵野栄養専門学校の取組み ~

「人格を育てる教育と実践的な職業教育により、社会に有為な栄養士を育成する」という学校目標のもと、
私たちの生活に欠かすことのできない「食」と「健康」を通じてSDGsにおける各目標に関する取り組み
を推進し、あらゆる年齢のすべての人が健康的な生活を確保・実現できるようSDGsへの取り組みを進めて
いきます。

1.人の健康を支える

   

食と健康に関わるプロフェッショナルである「栄養士」の資格を取得、人の健康を支えます。

2 . 学びのサポート

   

学びたい人が学べる社会の実現に向けて、武蔵野はさまざまな【学びたい】気持ちをサポートします。

      
  • ①高等教育就学支援新制度の認定校となっています。
  •   
  • ②東京都高度長期人材育成コースの受託校となっています。
  •   
  • ③専門実践教育訓練給付金の指定講座となっています。
  •   
  • ④文部科学大臣より『職業実践専門課程』に認定されています。
  •   
  • ⑤管理栄養士国家試験受験準備講座の開催により卒業生の資格取得をサポート!
  •   
  • ⑥高等学校への出張授業を実施し、健康・栄養・スポーツに関する授業を通じて高校生の【学びたい】を応援!!

3.限られた資源を大切にする取り組み

   

学びたい人が学べる社会の実現に向けて、武蔵野はさまざまな【学びたい】気持ちをサポートします。

      
  • ①エアコンは上限・下限温度を設定し、範囲内にキープ!
  •   
  • ②節水装置を取付け吐水量を節約しています。
  •   
  • ③会議等でのPC及びタブレット活用によりペーパーレス化を図っています。
  •   
  • ④適正発注、適正在庫管理によりフードロスを減らしています。
  •   
  • ⑤ごみの分別、プラスティックのリサイクルを徹底し、廃棄物を削減します。
  •   
  • ⑥廃棄物から生ごみのみを分別し、飼料化・たい肥化へと再生利用!
  •      
  • ⑦食用油をバイオディーゼル燃料に、廃棄ではなく資源に変えます。
  •   
  • ⑧蛍光灯からLED照明へと変更していき、CO₂の削減を図ります。

4.食育への取り組み

5.学びやすさも、働きやすさも

武蔵野栄養専門学校は、学びやすい、働きやすい環境づくりに取り組んでいます。

      
  • ①パンツかスカート、自由に選べるスタイルの制服でジェンダーフリーを推進します。
  •   
  • ②ハラスメント防止委員会のもと、学園全体でハラスメントの防止に取り組んでいます。
  •   
  • ③栄養士として働く人の中で女性の割合は90%以上!栄養士養成は女性の社会進出を支えています。
  •