武蔵野栄養専門学校

交通アクセス お問い合わせ TWITTER FACEBOOK Instagram 資料請求 体験入学

栄養士を育成する専門学校|武蔵野栄養専門学校

  1. トップページ  
  2. › オープンキャンパス・学校見学 
  3. › 植田 雄一さんさん

OB×OGインタビュー

campusobog_15_ph01

植田 雄一 さん

2004年卒業 埼玉県杉戸高等学校出身
医療法人 梅原病院

現在の仕事の中で1番に必要だと感じるのがコミュニケーション力です。 学生時代に経験した、多くの地域から年齢も違う人達と一緒に学ぶ中で、一人で勉強しているのではなく、みんなで学んでいるのだと感じたことが何度もあります。 献立製作、実習と力を合わせなければ、栄養バランスが取れた「美味しい!」と、言ってもらえる食事はなかなか造れないと強く感じていました。 病院での栄養士という仕事の中で、いろいろな業務があります。中でも1番大変なのが、限られた金額の中で、量、質、見た目、作業効率といったものを考慮し、食材の選択をしなければならない点ですが、 何よりも、患者様から「美味しかったよ。」の声をかけて頂いたときは、もっと美味しいものを、と考えます。栄養士同士のコミュニュケーションはあたりまえのこと、看護士からの情報、患者様ご本人と接して何を求めていて、 何が必要なのかを知ることもたくさん有ります。小規模病院なので患者様と接する機会も多く、直接「美味しかった。」の声を貰える機会もあり、そのときはこの職を選んで良かったと感じる瞬間です。 どんな仕事でもコミュニュケーション力は必要だと強く感じています。

一番上へ
教育情報の公表 後藤学園法人サイト 卒業生紹介 在校生の方へ