1. トップページ  
  2. › オープンキャンパス・学校見学 
  3. › 余 裕華さん

OB×OGインタビュー

campusobog_04_ph01

余 裕華 さん (富山 裕華) 国籍:韓国

2006年 栄養科 卒業
株式会社 dyマーケティング
代表取締役

【プロフィール】
武蔵野栄養専門学校 卒業後、朝鮮大学校に栄養士として勤務。
3年の学校給食栄養士経験の後、父の仕事の関係で地元福山市に戻り、WEBを中心にインターネット販売など全般に携わる。
「食」は生活の一部という観点から、充実した食は充実した生活につながると考え、ちょっと変った野菜と厳選野菜を取扱う。
食生活の乱れや、栄養の欠乏を手軽に整えてくれる生ジュースに魅かれ、健康ジュースのレシピも提案している。。
2013年、株式会社dyマーケティングを設立し代表取締役として活躍中。

Q.武蔵野栄養専門学校に進学を決めたきっかけなど

A.短期大学に在籍していた時に、調理師か栄養士の資格を取得したいと考えていました。
武蔵野栄養専門学校はインターネットでホームページを検索し、資料請求をして見学に行きました。武蔵野以外にも辻学園や服部などもあわせて検討しましたが、卒業後にも管理栄養士資格取得のための講座などがある武蔵野に進学を決めました。

Q.在学中の印象に残っていること・役立っていること

A.ヨーロッパへの研修旅行ですね。ロンドン・パリ・フィレンツェをまわり、社食などを見学し、特にバイキングなどの内容の違いを目の当たりに出来ました。
後輩のみなさんにも是非参加して欲しいと思います。

Q.仕事のやりがい・歓びなど

A.召し上がって頂き、お客さまに喜んで頂けるととてもやりがいを感じます。
ダイエットをはじめとする野菜類の販売を「栄養士」の立場からコーディネートする事にも歓びを感じます。

Q.辛かったこと、苦労したことなどどう乗りこえているか

A.業務を展開していく上で、分からない事にもたくさん直面します。インターネットなどでも情報取得できますが、知人に聞いたり本を開いたり日々勉強です。
大変な事も多くありますが、仕入れ先の方から「旬の」野菜やフルーツの情報を教えてもらいながらサービスの向上に役立てています。

Q.仕事をする上で心がけていること

A.規模は小さいですが、コツコツと続けていく事。継続する事が大事だと考えています。
もちろんモチベーションを保っていく事は大変ですが、お客さまから「ありがとう」などうれしい気持ちが力になっていますね。

Q.今後の目標・後輩たちに伝えたいこと

A.まずは企業として、経営者として現在のサービスの更なる充実を図りたいです。
将来的には人と人とのコミュニケーションや繋がりなどのマッチングなど、コンサルタントとしても活躍していきたいですね。

とても明るい笑顔と夢に向かってキラキラした表情が印象的でした。 ^^ (PRESS)

campusobog_04_ph03

一番上へ