武蔵野栄養専門学校

交通アクセス お問い合わせ TWITTER FACEBOOK Instagram 資料請求 体験入学

栄養士を育成する専門学校|武蔵野栄養専門学校

  1. トップページ  
  2. › 卒業生紹介 
  3. › 髙橋 初音さん

OB×OGインタビュー

社会福祉法人みどり会 東浦和みどり保育園

髙橋 初音さん

(2016年卒)

埼玉県立鳩ヶ谷高等学校出身

給食やおやつを通して、食べることの楽しさを子供たちに伝えていきたと思います。

現在は東浦和みどり保育園で離乳食、給食、おやつの調理業務、離乳食の献立作成などを担当しています。

もともと食べることが好きだったので、作ることよりも食べることの楽しさを伝える仕事をしたいと思っていました。

武蔵野に入学した時は病院栄養を学びたいと思っていたのですが、実際に校外実習で病院にいったときに、患者さんと関わるのは看護師さんであり、栄養士は患者さんとあまり関わらないと知り、もっと食べる人との距離が近い栄養士さんになりたいと思うようになりました。学校で離乳食を作る授業を受けて、子供は少し年齢が違うだけで食べれる物が違ったり、味覚をつくる土台となる大事な時期なのでやりがいがあるのではないかと感じて、保育園の栄養士になりたいと思いました。ここの保育園は事務作業の合間に園児のお世話のお手伝いができるので、実際に給食やおやつの感想を聞くことができます。

学校での授業で1番印象に残っているのは大量調理です。働くようになってやっててよかったと思える実践的な授業だったと思います。

東浦和みどり保育園は武蔵野の先輩も後輩もいます。学校の授業のことなど共通の話題もあり、仕事もやりやすいです。ここの保育園に見学に行った時は、園内が綺麗で子供が多いという印象でした。子供がたくさんいるが、給食もしっかりつくっていて、すごいと感じました。実際に現在園児は149名で、そのうち献立を担当している0歳児は18名います。

子供は気分にムラがあって昨日は食べてくれたのに突然食べなくなったり、アレルギー対応も大変ですが、子供が楽しそうに給食やおやつを食べてくれたり、食べれなかったものが食べれるようになったりしてくれると嬉しいし、やりがいを感じます。

生活に欠かせない食事ですが、食べる人のことを考えてどうやったら喜んでもらえるか、また食べることの大切さを子どもたちに伝えていけられればと考えています。まだまだ修行中なので、日々の仕事と真剣に向き合って、経験値を高めていき、ベテラン栄養士さんのようになりたいです。

 

一番上へ
教育情報の公表 後藤学園法人サイト 卒業生紹介 在校生の方へ