武蔵野栄養専門学校

交通アクセス お問い合わせ TWITTER FACEBOOK 資料請求 体験入学

栄養士を育成する専門学校|武蔵野栄養専門学校

  1. トップページ  
  2. › オープンキャンパス・学校見学 
  3. › 辰巳 将士さんさん

OB×OGインタビュー

2017_ob_3-2

辰巳 将士さん

2015年卒業 石川県私立金沢高等学校→防衛大学出身
一般財団法人 和同会(東京医科歯科大学内)

一人ひとりに適した食事が、健康と未来を創る。栄養士の仕事には、豊かな可能性があるんです。

食事や調理、健康について元から興味があったのですが、高校を卒業する頃はまだ漠然としていて、周りの勧めに従い大学に入りました。入ってから自分のやりたいことは何だろうと考えて。大学生活が厳しくて、食事が楽しみのひとつだったことと、栄養士はこれから可能性が広がる仕事だと思い、卒業後、武蔵野栄養に入学しました。クラスの中では私が最年長でしたが、みんな気さくですぐに仲良くなれましたね。私は臨床栄養学が好きで、病院でしか扱わないような食材の知識や、患者さんに合わせた制限のある食事でもよりおいしくつくること、食のよろこびを大切にするということを学びました。その授業を受けるうちに、病院に就職したいという気持ちが生まれたんです。念願叶って就職した現在の職場では、患者さんの給食を調理して盛り付けるのですが、その数は大体一回に600食、一日で1,800食。武蔵野栄養で大量調理の実習をしたときにつくった給食の食数も当時600食だったので、規模は同じです。作業人数は違いますが、時間内に大人数の食事をつくって盛り付けるという経験をしていたことがそのまま役に立ちました。食事は、人の健康と未来を創ります。現場での経験を積みながら管理栄養士の資格を取って、いろいろな方面から健康を支えることが私の夢です。

一番上へ